今年最後になるだろうと言われている、ケニアのトップグレードコーヒーの登場です。

毎回安定した実力を発揮してくれるケニアコーヒーですが、今回はそのトップグレードである、AA++TOPです。
通常のケニアがAAグレードなので、それにプラスが二つとさらにTOPが付いているということは、とっても高品質だということです。

ケニアの中でも良質のコーヒー産地として知られるニエリ地区の、標高2000mのエリアにある小農家の組合イグタ農協の名前で販売します。

ケニア イグタ農協



最近すっかりおなじみのバキュームパックでの入荷です。

いろんなデザインの麻袋も楽しかったのですが、やっぱり生豆の鮮度保持のためにはバキュームパックのほうが有利だし、しかたないですね。