店の近くの大谷地東小学校3年生の児童7人が「まちのたからものをさがそう」という社会科校外学習の一環の探検活動としてやってきました。



事前に今日の10時に来ることは聞いていましたがすっかり忘れていました。

突然入り口から開き、大勢の子供の元気な声で「おはようございます」と聞いた瞬間に思い出しました。



この学習は子供側から私に対してインタビューするという型式で行われます。

事前に準備していたと思われる質問を次々に浴びせてきます。



1.どんな豆の種類がありますか?

2.コーヒーはどうやって作るのですか?

3.コーヒー豆はどこの国の豆が多いのですか?



[:嬉しい:]このあたりまではすんなりと答えられました。



4.コーヒーを飲むとどんな気持ちになるのですか?



[:しょんぼり:]これは難しいですね。

みんなはコーヒー飲んだことありますか?そのときどんな気持ちでしたか?

なんて逆質問でごまかしました。



5.お客さんを呼ぶために工夫していることはなんですか?



[:冷や汗:]専門的になってきました。



6.一番大変なことはなんですか?



これから夏の季節は暑さがたいへんです。





と、こんなやりとりで一通りのインタビューが終わりました。





最後にみんな揃って「ありがとうございました」と挨拶をして帰っていきました。



残念ながら「今度はお父さんかお母さんといっしょにコーヒー買いに来てネ!」と言いそびれてしまいました。