札幌はここのところ急に寒くなって雪が降ったり本格的な冬がやってきました。



先月の沖縄旅行の時に泊まった「ブセナテラス」の部屋が寒すぎず暑すぎず、居心地が良かった要因のひとつが「シーリングファン」だったのではないかと思っていました。



シーリングファン



そうだ!お店に付けよう!と決めていろいろ研究を重ね、本日設置できました。

自分で出来ることは自分でやろうとの方針の基、天井の裏側をのぞいたり、ネットで調べてたり、針でつついてハリを探したり…

でもやっているうちにだんだん不安になってきて結局は専門家を探すことにしました。









googleで「札幌 便利屋」で検索して出てきた「もしもぼっくす」に電話して事情を話したら早速今朝やって来たのは、チョイ悪風の人と大工さん。

さすがにプロの人は道具が違います。ハリを探すのになにやら携帯電話ほどの大きさの秘密兵器を取り出し天井に当てます。すると「ピピツ!」と鳴って天井裏を走る金属の骨組みを探し出しました。

そこに金具をネジで固定して取り付け完了となりました。

作業そのものは簡単に終わったのですが、やっぱり専門家に取り付けてもらった安心感はたっぷり感じました。



快適にファンが回り始めた1時間後、このブログを書いている途中にブレーカーが落ちました!



作業中にも何度かブレーカーが落ちて電源ケーブルを接続し直し大丈夫だろうと言って三人でパチパチパチと拍手して終わったはずなのに。



そのあとお客さんのいない間を見計らってもう一度本体を外してケーブルを交換して付け直しました。



付け直して3時間、そろそろ大丈夫そうなのでブログをアップします。