古き良き時代のコロンビアンマイルドコーヒー復活プロジェクト!

サンチュアリオ農園新発売です。

サンチュアリオ農園新発売



サンチュアリオ・エステートの農園主カミーロ・メリサルデ氏は、元々放牧地であったところに約30年以上前の古き良き時代のコロンビアンマイルドコーヒーを復活させるべく、なおかつ完全にサスティナブルな条件下(土壌保全、地域社会への貢献、生物多様性の保護)でコーヒーの生産に取り組むべく、一から農園を設計し、1999年にこのプロジェクトをスタートさせました。



農園は標高1,850〜2,100mの丘陵地にあり、農園の内外には、巨木が林冠をつくる豊かな森林が広がり、鳥やその他の野生動物の住居となっています。コーヒーは在来種の良い苗木のみを選定し、85%がティピカ種、そのほかブルボン種(10%)、マラゴジッペ種、モカ種が少量ずつ植えられています。



農園では、農場を0.25haごとのユニット(区画)に分けて整備されており、シェード、施肥、除草、収穫などの作業管理をしっかりと行います。シェードにはマメ科のテフロシアをメインに植え、土壌内で窒素固定を実施し、葉の展開とチェリー育成に必要な無機質の土壌内維持を徹底管理しています。肥培管理は有機肥料の投与を行い、標高が高いため害虫の問題は希少で農薬の散布は行っていません。



今回お届けするのは、サンチュアリオ農園で栽培されている品種の中でも、たった10%のブルボン種です。

さらに優しい口当たりです。

お彼岸の「ぼたもち」といっしょにどうぞ。



数量限定ですのでお早めに!