WEB通販「自家焙煎。com」からのお知らせです。

昨今のネット通販におけるトラブルのひとつに「なりすまし」があります。
それは不正に入手したクレジットカード情報を利用し、他人になりすまし物品を購入するなどの犯罪行為のことを言います。

それを防ぐための方法のひとつ「セキュリティコード機能」を導入しました。

セキュリティコード機能とは、クレジットカード決済を利用して購入手続きをする際に、クレジットカード番号とは別に、カード裏面に印字されている末尾3桁(AMEXの場合は表面の4桁)の数字を入力してもらうことで、本人認証を行うサービスです。

セキュリティコードは、クレジットカードの磁気情報の中に含まれていません。万が一カード番号と有効期限の情報がスキミング等により盗まれたとしても、カード自体が手元に無い場合には確認のしようがない情報です。


セキュリティコード機能説明



カード決済画面に進むとこのように説明がありますので、それに従って3ケタ又は4ケタの数字を入力してください。

購入手続の際には、これまでよりも若干手間が増えますが、リスク低減のためには有力な手段だとおもいます。