エスプレッソコーヒーと言えば高価なエスプレッソマシンでないと美味しくできないと考えていませんか?

ここにご紹介する「ペーパードリップ式エスプレッソコーヒー」は、いつものペーパーでびっくりするほどの本格的なエスプレッソコーヒーが味わえます。



用意するモノ(一杯分60cc用)

1.ドリッパー(1〜2杯用)

2.フィルタペーパー(101)

3.サーバー(目盛のついたもの)

4.ドリップポット

5.フレンチロースト以上のコーヒー豆15g、細挽き



コーヒー豆の計量

エスプレッソ1

通常の焙煎のコーヒー豆は計量スプーン1杯で10gですが、フレンチローストやイタリアンローストのコーヒー豆は大きく膨らんでいることと、含水率が低いため、この写真くらいで約2杯で15gです。

ケチらずたっぷり使うことが大切です。

ミルで出来るだけ細かく挽きます。











蒸らし

エスプレッソ2

ペーパーフィルタにコーヒー粉を入れ、ドリッパーにセットします。

粉全体が膨らむ程度のお湯を注ぎ、10秒ほど蒸らします。

粉が細かくなっているため通常のペーパードリップより蒸らし時間が短くなっています。













抽出

エスプレッソ3



15cmほど上からお湯を回し注ぎます。粉とお湯を良く混ぜ合わせる感じです。

サーバーの目盛りに注意

















抽出完了

エスプレッソ4



所定の60ccの所まで抽出できたら、サーバーからドリッパーをはずします。

これ以上抽出を続けると雑味成分が溶け出してきます。















できあがり

エスプレッソ5



蒸気圧を利用したエスプレッソマシンの様なアロマ(泡)はありませんが、味は間違いなく本格エスプレッソコーヒーです。



お好みでクリームや砂糖を加えてお楽しみください。











コーヒー豆を選ぶ基準

ハイグレードのコーヒー生豆は、深い焙煎でもコーヒー豆そのものの甘みやコクををしっかり感じることができます。

焙煎の鮮度が悪くなるといやな酸味が強くなります。



エスプレッソにおすすめのコーヒー豆



気品ある香り:カロシトラジャ



贅沢な甘み:ゴールデンマンデリン



店長のお気に入り:グアテマラ・ブルボンサンドライ



ご家庭で食事の後の一杯にピッタリですよ!