我が家ではこの冬[:ゆき:]“焼き芋”がブームです。



このブログでも焼き芋のお店を何店か紹介しましたが、自分で美味しく作ろう!と、とうとう「石焼壺“いも太郎”」を買ってしまいました。



いも





今日が待ちに待った“いも太郎”のデビューです。



ばんこ焼きの壺に石を入れて、その石を温めることによりお芋を美味しく焼き上げることが出来るそうです。













いも





お芋は鳴門金時を使いました。



始めの15分は強火で、途中でお芋の方向を変えて15分弱火で焼きます。

待つこと30分、竹串がすーっと通ればできあがり。













いも





焦げ目がとっても良い感じ。



遠赤外線効果なのかお芋が良かったのか、とっても甘くて美味しく出来上がりました[:拍手:]











焼き芋の他にも、焼きりんご・焼き栗・焼き筍・ナン等も焼けるそうです。



じゃがいもや長芋も出来そう[:ラブ:]



実は最初はうまく焦げ目が付きませんでした。強火で3分ほど再加熱したら綺麗な焦げ目になりました。この当たりの火加減がポイントのような気がします。