今日の帰り道のことです。

小学生の男の子が駆け寄ってきて、私のジャケットを引っ張りました。



小学生[:男:]「ねえ寒くない?カイロあげようか」



私[:女:]「え?私にくれるの?でもいらないかな〜」



[:男:]「せっかく秘密基地から持ってきたんだよ」



[:女:]「秘密基地?」



[:男:]「ほら、あそこの工事やってる隣のところ」



[:女:]「あ・・・あそこは工事のゴミ捨て場じゃ・・・」



[:男:]「秘密基地のこと信じないなら、もうあげない」



そう言って走っていきました。



小学校2〜3年生くらいの子だったの。

なんだろな寂しかったのかな?



そういえば以前お店にも、学校帰りの小学生が三人くらい「こんにちは〜」と言いながら入ってきて、店内の商品を一通り眺めて「さようなら〜」と言って帰っていったことがありました。

不思議な小学生はあちこちに居るようです。