ライトなテイストのコーヒー「ドミニカバラオナ」新発売!



ドミニカバラオナ



ドミニカバラオナのお話のその前にクリスタルマウンテンについてお知らせがあります。



開店以来ご愛飲いただいていましたクリスタルマウンテンが入手困難となり販売終了となりました。



その理由は…



キューバのコーヒーは長年かんばつのために生産量が激減しました。さらにブロッカという害虫の幼虫による被害が発生し輸出できるコーヒーはさらに少なくなりました。そしてまた、昨年の摘みとり時期にあたる10月から11月にかけて大雨が降り続き各地で洪水が発生しました。

そのような理由から安定的に質の高いコーヒー豆を入手することは当面不可能になりました。

そこでやむを得ず販売を終了とさせていただきました。

コーヒーの木自体には大きな被害はないとのことですので来期には生産は回復するそうです。



そこで、同じカリブ海産のコーヒーとしてドミニカバラオナをご紹介します。

ジャマイカやキューバーコーヒーの兄弟とも言えるドミニカコーヒーは18世紀初期、フランス領マルティニーク島から伝わりました。

ドミニカ南西部のBAHORUCO山脈のバラオナ地区(高度800〜1500m)の高地で生産されます。

この高級品とされているバラオナは、 高地ならではの、”透明度に優れ”、バランスの取れた”やわらかいな味”を持徴としながら、果実のさわやかなが、特有な質感を持ちます。



ピンチヒッターとして登場したドミニカバラオナですが、その活躍しだいではレギュラーも狙える逸材です。