前日に目星をつけておいたカフェ[:ディナー:]がなぜか閉まっていて予定変更を余儀なくされました。

今日はカフェ飯にしようと決めていたので近くの本屋に入って「カフェランチ」のガイドブックを立ち読みして探しました。

ローフードカフェ LOHAS」なにやら良さそうな感じの写真を見つけここに決めました。



ロハス



セレブローフードプレート



左奥から、人参とかぼちゃのドレッシングサラダ・生ナッツの巻き寿司・アボガドの生チョコ風ケーキ・オニオンスープ



左手前から、乾燥野菜(さつまいも・かぼちゃ・長いも)・キムチ・切干大根のハリハリ漬け・セロリの梅和え・玄米ご飯





説明を聞いてみると「ローフード」とは、食材をできるだけ生の状態で摂取する食生活のことだそうです。

その上このお店はビーガンという絶対菜食主義の人でも安心して食べることのできる料理なのだそうです。

なので、今日のスープ「オニオンスープ」もコンソメを使っていないそうです。



そんな訳で少々お高い1260円です。



家に帰ってからこのお店のWEBサイトを見てみると、「海外の女優やモデル」「セレブ」「健康」「ダイエット」「酵素」「デトックス」などのキーワードがちりばめられています。



私たちにとってあまりピンとくるキーワードではありません。よって料理もちょっと違うかな?という感じです。

確かに「コンソメを使わずこの味を出すのは苦労しただろうな」とか「このチョコレートアイスクリームみたいなのはアボガドとココアで作ったんだ」

といったことは思うのですが、特別ローフードやビーガンにこだわりを持たない私たちの結論は

「ふつうのオニオンスープの方がおいしい」



私はずーっとアボガドが苦手だと思っていたけど、この生チョコ風デザートはとっても美味しくいただきました[:ラブ:]

ということで上のキーワードにピンと来た人にはおすすめします。北海道ではここしかないそうです。



ローフードカフェ LOHAS

札幌市中央区南2条西7丁目6-2 日宝南2条ビル2





そうそう!このエピソードを書かなくちゃ!

ロハス



テーブルの上にキャンドルといっしょに置いてある、たぶん醤油と思われる瓶の隣の壺を開けるとすりごまのようなモノが。



ためらいもせず玄米ご飯に降りかける妻でしたが、ご飯を食べたら「甘い!」





なんと砂糖でした[:!?:]







すっかり“すりゴマ”って思い込んでかけちゃいました[:たらーっ:]

砂糖がかかった部分は、後からダンナにあげたけど気が付かないで食べてました〜[:イヒヒ:]

そっそんな[:!:]



開いてなかったカフェは、私のアルバイトからの帰り道にあります。

で、今日もやっぱり閉まってた。閉店しちゃったのかも[:ポロリ:]