今年初めてのコンサドーレの試合観戦です。

ここのところ三連勝と調子に乗ってきたので期待がふくらみます。

コンサ



J2に落ちてもゴール裏のサポーター席は真赤っかです。

試合のほうも一方的な展開です。

そして27分、主力二人を欠いためボランチの位置で起用されたFW宮澤が先制点を決めました。

その後もいい感じでボールを支配し、後半立て続けに2点を取り楽勝ムードが漂い始めました。

ただ、宮澤にしても藤田にしても、ゴール前でなぜかシュートを打たない。切り返してみたりパスしてみたり。

若いんだからどんどん打っていこう。そうしたら入るかもしれないんだから。

後ろの席のおじさんも「打て〜っ!」って叫んでました。



後半31分に1点を返されても余裕で、その直後愛媛の14番が退場になってさらに安心感が増しました。



楽勝ムードが漂い始めた42分、途中出場のジョジマールに2点目を決められスタジアムは「なんかマズイ感じ」に変わってきました。



結局このまま最後まで逃げ切ることができましたがなんとも締まらない感じ。



このあたりがコンサドーレらしいといえばらしいのですが…



愛媛FCは知らない選手ばっかりでつまらないな〜