今年も行ってきました!「情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA ’14」
葉加瀬太郎プロデュースの「大人のための野外フェスティバル!」極上の音楽をゆっくり楽しむライブです。
私達にとって夏の終わりの重要なイベントです。

情熱大陸LIVEは始まって13回め、北海道では5回めになります。
私達は北海道に上陸してからは皆勤賞です O55

前日までの、いや、当日の天気予報でも「雨」を覚悟し、会場の岩見沢キタオンに向かいました。

image

会場の様子

いざ会場入りしてみると結構いい天気で、かといって日差しが強すぎることもなく最後までポンチョを着ることはありませんでした。

この急激な天気の回復は、出演者の晴れ男・鈴木雅之さんのおかげだそうです G6a

ご自身が自信満々でおっしゃっていました。ありがたやありがたや~

image

出演者

まずは初出演の松崎しげるさんで開演!
名曲「愛のメモリー」では葉加瀬さんと共演。さすが大ベテラン、なかなか良かったです。

さかいゆうさんは正直、知りませんでした。
ポップで小さいお兄さんでした。

押尾コータローさんは毎回出演ですね。
葉加瀬さんとの関西弁トークもすっかりお馴染みです。

恒例の柏木さんを加えた会場とのウェーブ P44 も上手くいきました。

SING LIKE TALKINGの佐藤竹善さんは相変わらずの酔っぱらい。
さかいゆうさんとのコラボで“シュラン・シュラン”結成。

今旬のクリスハートさんは綺麗な高音で聞かせます。

知ってる人は知っている、知らない人は知らない角松敏生さん、中山美穂さんに書いた「You’re My Only Shinin’ Star」は名曲です!

そして!日本一野外コンサートの似合わない男鈴木雅之さんの登場です。
去年亡くなった大滝詠一さんを偲んで「ナイアガラセレクションコーナー」で始まりました。
懐かしくもあり、寂しくもあり P28

ただこの会場には「大滝詠一?だれ?」状態の人も多かったでしょう?

終盤はシャネルズ時代の大好きな曲「め組のひと」振り付けも覚えていました。めっ!でピタっと決まると気持ちいいー [:g・]


やっぱ鈴木さんが情熱LIVEに居ると盛り上がるなー O47

三代目J Soul Brothersはっきり言ってEXILEの弟分?くらいの認識しかありませんでした。
今回のLIVEの1/3は三代目FANだったと思われます。
会場はすごい盛り上がり方でした。

さて、ここからはちょっと E3c なお話。
今回のLIVEは、私も、そしておそらく主催者も、ホストである葉加瀬さんも期待と不安の複雑な気持ちで迎えた事でしょう。
そしてそれは、悪い方向で当たってしまいました。

くれぐれもお断りしておきますが、私は一部の出演者やそのファンを誹謗中傷する意図はありません。
たぶん、出演者リストに追加されたタイミングやその後のテレビCMを見ていると、チケットが思うように売れず、劇薬としてブッキングしたのでしょう。
その劇薬は大勢のファンを動員することができました。
がしかし、副作用として「大人の夏フェスで上質の音楽を」のコンセプトが崩されてしまいました。
線香花火を楽しんでいて、最後のいいところで仕掛け花火が炸裂した感じです。その仕掛け花火を仕掛けたのが主催者なら打つ手はありません。

最後の葉加瀬さんはやりにくかったでしょうね。お目当てのグループが終わったらとっとと帰ってしまうんですから。
でもまぁ、さすが大人の夏フェス。何事もなかったように「情熱大陸」でエンディングを迎えました。
少しの後味の悪さを残して。。。

「三代目は身上を潰す」なんていいますが、そうならないよう せっかく作り上げてきた「上質な大人の夏フェス」コンセプトをしっかり守って来年も開催されること期待しています。
もっとチケットが売れるよに、来年は私も店で宣伝しようと思います。

なにはともあれ、〆の葉加瀬さんの演奏は楽しかった。
私の大好きなエトピリカで始まり、お決まりの情熱大陸でみんなで踊って P49


帰っていく人も居る中、ほとんどの人は最後までLIVEを楽しんでいました O46


さあ、次は冬の“BestAcousticLiveエトピリカ”です。
会場も札幌コンサートホールKitaraなので期待大です O47


最後に、臨時休業をいただき、その間ご迷惑をお掛けしました。