家のコーヒーをワンランクアップさせてみませんか?


「家庭で手軽にカフェの味が楽しめるこだわりのコーヒーマシン」という記事を見つけました。
最近高機能・高価格のコーヒーメーカーが各社から販売されています。
それを受けての記事なのですが、コーヒーメーカーが目指しているのは「プロのハンドドリップ」なのだそうです。

どうせこだわるならコーヒーメーカーの機種選びではなく、プロのハンドドリップを目指してみませんか?
普段はコーヒーメーカー派の方も、例えば週末の時間の余裕のあるときはハンドドリップで抽出の過程も楽しみましょう。
新しい発見があるかもしれませんよ G65


ではプロの「ハンドドリップ」とはどんなものでしょうか?
簡単に言うと「美味しい成分を全部抽出して、美味しくない成分は抽出しない」ということ。
難しく聞こえますが5つのポイントさえ押さえれば案外簡単です。

Point
1.適切な器具を使う
2.じっくり蒸らす
3.ゆっくり細く中心にお湯を
4.最後まで落とし切らない
5.新鮮なコーヒー豆を使う


それでは詳しく説明していきましょう。

Description
1.適切な器具を使う。
抽出スピードを安定させるため、量によりドリッパーを使い分けます。目盛りの付いたサーバー・メジャー・細口のドリップポットを使います。

2.じっくり蒸らす。
うま味成分をしっかり抽出するため、まずコーヒー粉全体にいきわたる程度のお湯でじっくり30秒蒸らします。このときコーヒー粉がふんわりドーム状に膨らむのが鮮度の証です。

3.ゆっくり細く中心にお湯を
コーヒー粉の層を崩さないようにドームの中心に細くゆっくり注湯します。

4.最後まで落とし切らない。
予定の分量を抽出したらドリッパーをはずします。
最後に余分な成分が落ちてきますので落とし切らない事が大切です!

5.新鮮なコーヒー豆を使う。
これは絶対条件です。プロでも高級コーヒーメーカーでも古いコーヒー豆では美味しいコーヒーは抽出できません。

1~3までは高機能のコーヒーメーカーで再現されていますが、4はコーヒーメーカーでは出来ません。


ハンドドリップの魅力は、抽出しているときの香りを楽しめる事とコーヒーの味わいをコントロールできることです O47

コーヒーメーカーの良さは、抽出の時間放っておけることでしょう。
ただそれもほんの数分です。
その数分間をハンドドリップに変えて、香りを楽しみながらコーヒードームを眺める P34 そんな時間にしてみませんか?

PDFファイルでどうぞ
おいしいペーパードリップ.pdf