スノースクートid=1000

スノーボードにハンドルが付いたようなスタイルの器具で、雪の斜面を颯爽とすべり降りるスポーツです。



私は今から20年以上前、神戸高専の修学旅行でスキーに行ったのがきっかけでスキーを始めました。就職して最初の赴任地が札幌だってこともありかなり熱心にすべっていました。



ところがなんでもそうなんですが、あるところから上達しなくなってきて、上達しなくなるとだんだんアキてきます。そうこうしているうちに、長い方がカッコ良かったスキー板も、いつの頃からかカービングスキーが全盛を迎え、何となくスキーとは疎遠になっていました。



そんなとき家内が友達からこのスノースクートの話を聞いてきて、ちょっと面白そうなので一度スクール付きのレンタルでやってみることにしました。



「あなたならちょっとがんばれば講師になれますよ」なんて先生におだてられながら、半日ほどでなんとかある程度滑れるようになりました。



そこで思い切ってスノースクートを購入し(ここで買いました)その冬と次の冬は何度か、フッズキロロに出かけました



ここで大誤算!

私の車はチョット特殊な小型車なので、スノースクートを屋根や車内に載せることができないため、妹の車を借りて行ってのですがこの妹が一昨年結婚し車を手放してしまったのです。

そして現在2台のスノースクートは部屋の多くの場所を取りながら再登場の機会を待っているのでした。



写真はイメージです。実在の人物とは関係有りません。