簡単に美味しい「ペーパードリップ」

ちょっとしたコツさえつかめばあたたも「コーヒーの達人」です。



1.用意するもの

ドリッパー 入れる杯数に合わせたものを用意

ペーパーフィルタ ドリッパーに合わせ用意

サーバー 目盛りのついたもの

メジャースプーン 一杯10g

ドリップポット 先端の細いもの

新鮮なコーヒー



2.ペーパーフィルタをセットする

フィルター1

フィルター2



フィルター3



底のシール部分を手前に折る 裏返して側面シールを折る 指を押しつけるようにして、ペーパーフィルタをドリッパーにセットする。











3.コーヒー粉を入れる

表面が平らになるように、コーヒー粉を人数分入れる。(カップ一杯の場合は、スプーン1.5杯分)

Point!

コーヒーを入れる杯数とドリッパーのサイズを合わせます

1〜2杯:一つ穴(101)

3〜4杯:ニつ穴(102)

5〜6杯:三つ穴(103)

穴の数によって抽出速度をコントロールし、抽出濃度を安定化させませす。

詳しくはこちらのエントリ



4.粉全体に少量、湯を含ませる(むらし)

フィルター3



サーバー内に数的落ちる程度の湯を静かにいれる。蒸れて全体がふくらむ状態になるまで、約30秒待つ。



Point!

蒸らしで美味しさが決まります。コーヒーメーカーではこの「むらし」ができません!





5.残りの湯を静かに注ぐ

ドリップ



残りの湯を粉全体に行き渡るよう、静かに円を描きながらゆっくり注ぐ。

この時に発生する泡はいやな苦味、渋み、えぐみなどを含むアクです。アクをサーバーに落とさないように、ドリッパの中の湯を涸らさないように注ぎます。

試しにこの泡をなめるとすごくまずい!



Point!

湯をドリッパーの周りに注ぐと粉と充分混ざらずサーバーに落ちてしまうので、あまり淵には注がないようにします。落とし終わったときに、フィルタの周囲に土手ができているようであればOK



6.抽出の完了

完了



予定杯数のところまで抽出されたところで、サーバーからドリッパーをはずします。ドリッパーに残った湯は捨てます。

Point!

ドリッパーの中の湯を最後まで落とすと、薄くなったり、余分な成分まで抽出されてしまします。美味しいところだけお飲みください。