春分の日は「夜の長さと昼の長さが同じになる日」と小さい頃教えてもらいました。

夕方もだいぶ明るくなってきましたもんね。



お彼岸ですが、札幌の外れにある里塚のお墓はまだ雪の下です。

なので実家のお仏壇にお参りしました。



延び延びになっていた「もち米で作るさくら餅」を作って持って行きました。



2





さくら餅



◆作り方◆

(1)もち米(1合)はといで、いつものご飯より2割少ない水に15分つけ、塩(少々)と食紅を入れて炊飯器の高速機能で炊く。

(2)粗熱を取りながら潰し、10〜12等分にして丸める。

(3)こしあん(200g)にゆかり(小さじ1)を混ぜて10〜12等分に丸めておく。

(4)手水をつけながら楕円形に広げたお赤飯にあんをのせて包み、桜の葉の塩漬けをサッと水にくぐらせて水気を切ってから巻く。



出来上がってみると。。。ちょっと失敗な感じでした[:撃沈:]

米のつぶし方が少なかったのか、ご飯が堅かったのか、あんまり上手く出来ませんでした。



写真でも解ってしまいますね〜ご飯の形がしっかり残っていて“餅”という感じではありません。



しかも、ゆかりを切らしてて餡はただのこしあんだったし[:ポロリ:]



なんと二日間もお弁当に持たされました





1





ちらし寿司

さくらの葉が余っていたので、ちらし寿司を作りました。



すし飯に白ごま・さくらの葉のみじん切りを混ぜて、いつものちらし寿司の具も混ぜます。



私の“いつもの具”とは、人参・椎茸・かんぴょうを煮たものです。



そして錦糸卵・酢れんこん・たいでんぶ・紅ショウガ・のりをちらします。



こちらは大成功でした[:モグモグ:]



ロリオリ





ロリオリ:カップケーキ



さくら繋がりで、桜のお菓子を載せておきます。



今の季節は桜のスィーツがたくさん並んでいます。

限定品の文字でついつい買いたくなります。



ロリオリのカップケーキは前から目をつけていました。

まぁ普通な感じでございました[:汗:]



左:ブルーベリーショートケーキ

右:桜のチーズケーキ



「その日のうちにお召し上がりください」のところ二日後に食べました。



当日に食べられないからやめようって言ったのに。。。懲りずに同じ失敗を繰り返すんですよね〜。

美味しかったですけどね。



ぱんだ





パンダパン



大丸と松坂屋が経営統合した記念のDONQ限定品。



頭が桜あんパンでボディがクリームパンでした。

こちらも、まぁ普通。



しかもパンダちゃんあんまり可愛くないし。。。