北海道神宮で車のお祓いを受けた後「手打ちうどん 寺屋」に行きました。

「寺屋」は以前、東区にあって一度行ってみたいと思っていたのですが、いつの間にか山の手に移転していました。

手打ちうどん 寺屋

手打ちうどん 寺屋



私たちの定番うどん屋「かがわ軒」と同じく讃岐うどんです。

ぶっかけ天ぷら

ぶっかけ天ぷら



ここは「かがわ軒」のようなセフルタイプのうどん屋ではありません。

私たちは「ぶっかけ天ぷら(冷)」にしました。
天ぷらの具はえび、かぼちゃ、イカ、インゲン豆、さつまいもです。
冷たい麺と冷たい出汁の上に揚げたてサクサクの天ぷらが絶妙です。

セルフのお店では天ぷらが冷たくなってしまっているので、その点ではプラスポイントです。

麺のコシの強い讃岐うどん独特の食感で、量も多めでした。

「かがわ軒」との一番の違いは客層でした。「かがわ軒」はサラリーマンや外回りの営業といった人達で、「寺屋」はご近所の奥様のランチといった感じです。
店の作りもそういった雰囲気になっています。

お値段も少々「寺屋」がお高め。
ぶっかけ天ぷら 980円なり [:波線:]




手打ちうどん 寺屋
札幌市西区山の手3条6丁目1-10