今月はコンサート2つも行ってしまいました。(あれっ、すでに12月になってました・・・コンサートに行ったのは11月の出来事です)

先日の葉加瀬太郎さんに続き、今回は札幌コンサートホールKitaraで行われた“東儀秀樹×古澤巌ツアー2010”です。

東儀秀樹×古澤巌TOUR2010“Smile”



チケットを買ったのがちょっと遅くて最後尾の席でしたが、Kitaraはどの席でも音が同じように良いので安心です。

東儀秀樹さんは、言わずと知れた雅楽演奏家です。

古澤巌さんは去年行った葉加瀬太郎とのジョイントコンサートで知った、バイオリン奏者です。

同い年の二人は役割分担がしっかりしていて、東儀さんはあくまで二枚目で、雅楽器だけではなくピアノやギターの弾き語りまでこなすマルチ音楽家、そして古澤さんはちょっとおちゃめなバイオリン専門職人です。

アンコールで東儀さんは唄も披露していました。それがけっこう良かったんでビックリ O57

しかも振り付けが・・・ちょっぴりナルシストな感じでした O50

東儀さんって、なんでも上手にこなしちゃえる方なんですね!

知っている曲はあまりありませんが、篳篥(ひちりき)という笛の音は、西洋楽器のバイオリンと不思議とマッチしていて心地良い時間でした。