Workshopと名付けられたマーカスシェフのメインキッチンで開催される、期間限定のスペシャルレッスン「MaY Life」。

調理法はもちろん、食材の保存方法、調理器具の選び方、器合わせなど、食をトータルで教えてくれます。

デモンストレーションでマーカスシェフがお料理を作って、私達は習ったお料理をランチでいただきます。

いつものエルプラザでのレッスンとは違った楽しさがあります。
6名限定なので内容も濃くじっくりと教えてもらうことができます。
とっても贅沢なレッスンです O47




12月のテーマはヨーロッパのクリスマス G53

料理中

スタジオはこんな感じ。

生徒は6人、調理台の前に並んで間近にレッスンを受けることができます。



アイアクロッグ

まず始めに、卵のお酒アイアクロッグ。

そして私達はお酒をいただきながらレッスンを受けます。

ラム酒とアラクというお酒が入っていて、けっこう強いお酒です。
でもアワアワなので量はちょっとです O50




じゃがいものガレット&リンゴジャム

じゃがいものガレットは外はカリカリ、中はふわっと!
写真ではわかりにくいけど、揚げたパセリが添えてあります。

それにリンゴジャムを添えていただきます。
このリンゴジャムは砂糖を使わずに作ります。

リンゴ O65 は紅玉やあかね等の酸味のあるものが良いです。
家に帰ってその日のうちに作りました。

砂糖が入ってない分、さらさらした食感です。
トーストにたっぷりつけても大丈夫 O55

さっそくトーストに載せて食べました。朝ご飯にぴったりのさっぱりした味です。



カモのロースト&ロートコール

やっぱりクリスマスにはカモのローストでしょう O32

良いお肉を使えば、塩と胡椒だけのローストでじゅうぶん美味しいんだってことが解りました。

焼き方のコツを教えていただきました。
今年のクリスマスは頑張って作ります O57


付け合わせは、紫キャベツのロートコール。
ザワークラウトとはちょっと違うキャベツの付け合わせです。

スパイスは好きなものを使っていいんだって。
私はバルサミコ酢やシナモンを使ったスパイシーな感じが好きです。



シュトーレン

デザートはシュトーレンとエスプレッソ。

シュトーレンは作り方がとっても複雑で、今回のレッスンではメニューにありませんでした。
シュトーレンだけで一日かかるそうです。

シュトーレンは、12月になるとクリスマスまでの間、毎日少しずつ食べていくんだそうです。

来週、大通公園で行われているミュンヘン・クリスマス市に行くつもりなので、そこで買ってこようと思います。
自分では作らな [:波線:] い P29




お土産

お土産 E32 にシェフ手作りのクッキーとクマちゃんをいただきました。

それとロースト・アーモンド。
ロースト・アーモンドはレッスンで教えていただき、家ではちょっとアレンジを変えてエスプレッソ・コーヒー風味ものもを作ってみました。
美味しく出来たのでお店で売ってみることにしました。



実はMaY Lifeに行ったのは11/17でした。
ずーっとブログさぼってました P23
いろいろネタは貯まっているのに….
温泉、新コーヒー豆…..

次の記事「港町13番勝負 安田顕ひとり語り」も実は11月の出来事。
これからは毎日アップします!!