美瑛に行った帰り、今回の目的のもう一つ北の嵐山に行きました。

実は「北の嵐山」のことは全く知りませんでした。
1ヶ月くらい前に、友達から美瑛・旭川方面に行ってきたよーっと「北の嵐山」の事を教えてもらいました。

「北の嵐山」
麓に旭岡という丘陵があり、閑静な住宅地がひろがっています。
明治のころから、この緑豊かな丘には陶芸を営む数多くの窯元が点在し、市民の間では「陶芸の里」と呼ばれ親しまれるようになっていました。
主に陶芸が盛んで、この一帯で良質な粘土が採れたことから明治時代の開拓当時に行われた煉瓦づくりに起源があるようです。
自然発生的に窯が一ヶ所に集まるのは全国的にも希有なことで、北海道内ではここだけ。

著名な陶芸作家も輩出してきたこの地に触発されてか、ガラス工房・染色工房・木工クラフトなどのアトリエ・ギャラリー、茶室やカフェ・レストランなども集ってきました。
まさに一大芸術村の様相!
このように一帯が陶芸だけにとどまらなくなったことから、平成22(2010)年8月に名称を「嵐山陶芸の里」から「北の嵐山」と改められました。


時間があまりなかったので、今回は3ヶ所だけ巡って来ました。

クラフトブラウンボックス

まずは木工クラフトのお店。
旭川といえば「木」ですよね O57

私好みの作品がいっぱい O47 O47 O47
「どんぐりコロコロ」「森のさえずり」という作品があり、木の枝の間を木製のどんぐりや小鳥がリズミカルな音を奏でながら落ちて行きます。
癒やされるぅー O47

お土産にストラップを2つ購入しました♪

1つだけ買ってよし!と言ったんですが、気がつくと2つ買ってました O51


大雪窯
最近、少しずつですが、使いやすくて良い陶器を集めています。
こちらのお店は興味深い作品がたくさんありましたが、ちょこっとお値段が高くて今回は諦めました P28


ゆかり陶房
本当に住宅地の中にひっそりとあるので、少し探しました。
陶房の入口にアウトレット製品が並べてあり、ここから3点選んでみました。

お店の奥ではゆかりさんが作品を作る陶房があり、陶芸教室などもやっているようです。
ステキな空間 P34


O24 買ったもの O24
手前のストラップ2点はクラフトブラウンボックスで購入。
奥のマグカップと小鉢はゆかり陶房で購入しました。