さて、二日目は朝早く起きて地獄谷まで散歩に行こうと決めていました。



でも、けっきょく睡魔にあっさり負けて朝風呂に入ってからご飯を食べました。

朝ご飯も和風の「旅館の朝食」の見本のようでしたが、おいしくいただきました。写真わすれました。



大湯沼



チェックアウトしてから、近くをドライブがてら散策しました。

クッタラ湖をめざして細い山道を進んでいき、大湯沼を見下ろす展望台に車をとめたら硫黄の匂いがしましたが、なるほどこういうわけでした。「大湯沼は、地獄谷の北方にあって、噴煙を吐いている日和山の南麓にできた爆裂火口で、灰黒色に濁った湯をたたえています。水面は40℃〜50℃でありますが、深いところは130℃の高温です周囲は1?、深さ22?の大規模な湯の沼は、世界的にも類が無く、学術的にも貴重なものといわれています。以前はこの湯沼から硫黄がさかんに採取されていましたが、現在は採取されていません。」



クッタラ湖



その次に行ったクッタラ湖は普通の湖でした。湖畔のお店には「クッタラバーガー」なるステキなネーミングのハンバーガーがありましたがもちろん食べませんでした。