シアターキノで12/15(土)〜21(金)まで上映さていました。



私は16日に監督と安田さんの舞台挨拶があるというので、朝9時から並んで整理券をもらいました。



早くブログを書かなきゃ〜と思っているうちに一週間も過ぎて、映画も終わってしまいました[:ポロリ:]





たとえ世界が



たとえ世界が終わっても

—思い出は生き続ける。いつか、また逢える日まで—



脚本・監督 野口照夫

出演 芦名星 安田顕 大森南朋





野口監督の映画は初めて観ましたが、とっても前向きで爽やかな感動がありました。



チームナックスの安田顕さんが主演なので観に行ったのですが、大森南朋さんがすっごく良い味を出していました。





上映が終わった後、シアターキノのご主人(中島さん)とともに監督と安田さん登場。



三人の掛け合い漫才のようなトークはもっと聞いていたかったのに、あっという間に終わってしまいました。



もともとナックスファンの私としては、深夜番組やラジオでお尻を出したりヘコイダーマンをやってるヤスケンさんも好きだけど、俳優としてのヤスケンさんはやっぱり良いな〜って思いました。



来春はNHKの朝ドラ出演も決まっているので、ますます頑張って欲しいです。

でもNHKの朝ドラって、私はすごく忙しい時間帯なんです。

録画して観ないとなぁ〜[:テレビ:]