今年最後のコンサートとなりました。

暗くなったステージに、二人がろうそくの火をそれぞれ手に持って静かに入場してきました。

坂本龍一の静かなピアノと、大貫妙子の透き通る声でコンサートのスタートです。
私が20数年前レコードで聞いていた声と同じでした。

大貫妙子&坂本龍一




「大貫妙子が歌う坂本龍一」というコンセプトで、20数年前から共演してきた二人のピアノだけのコンサートです。

ピアノとボーカルだけのシンプルな構成ですが、じっくり音楽に浸ることができました。

ニューアルバム“UTAU”を中心にした楽曲でしたが、昔の”クリシエ”などからも何曲かあって嬉しかったです O46


この日がコンサートツアーの最終日だったので「大放出」ってことで、アンコールに二回も応えてくれて、しかも坂本さんのアドリブで最後にもう一曲やりましょうって P47

静かな、そして豪華なコンサートでした。